教育理念

本校は平成25年度より、佐々木 哲 校長を迎え、教育方針である「高校生らしい高校生のいる学校」を掲げて、新たな「大崎中央高等学校」をスタートさせました。 新たな教育方針のもと、「生徒と教師との人間対人間としてのふれあい」を通して、成長する教師・成長する生徒・成長する学校を目指し、まさに「生徒・保護者・地域・教職員が自慢できる学校」として生まれ変わろうとしています。 本校の新たなスタートが、生徒一人ひとりの限りない可能性へのスタートにもつながっていくものと考えております。


教育の目的と方針
1 本校教育の目的
本校は教育基本法および学校教育法の精神に則り、人格の完成を目指し、中学校における教育の基盤の上に、高等普通教育並びに専門教育を施し、学園名に示されているように誠実で、清く、明るく、美しい人間を育成することを目的とする。

2 本校の教育方針
「大崎中央高等学校は高校生らしい高校生のいる学校」
生徒・保護者・地域・教職員が誇れる学校であるために、校訓でもある「白菊の花のように霜に耐え、清く、明るく、美しく」をモットーに、規律ある家庭環境の下、教職員と生徒の心のふれあいを通して、互いに深い愛情と信頼に結ばれた学校生活の中で、社会連帯感に裏づけられた知育、徳育、体育の調和のとれた教育を基盤に、特に個性豊かな情操と、あくまで事をやりぬく強靭な意志の涵養に意を注ぎ、広量闊達な思考力と自主積極的な実践力の育成に努める。

3 重点目標
①教科指導
 生徒の習熟度に応じた授業を展開し、基礎学力の向上を図る。
②生徒指導
 学校生活全般を通して基本的生活習慣を育成する。
③進路指導
 各学年と連携しキャリア教育の充実を図る。
④特別活動
 うるおいのある学校生活にするため活気ある生徒会活動等を推進する。
⑤福祉教育
 思いやりの心を育てる福祉教育を推進する。